関西素問亭

君と宇宙とシンクロしたいんや。関西亭扁奈雀はんが鍼灸古典素問にブツブツゆうブログ。

標本病傳論篇第六十五

 

黄帝問曰.病有標本.刺有逆從.奈何.

岐伯對曰.

凡刺之方.必別陰陽.前後相應.逆從得施.標本相移.

故曰.

有其在標而求之於標.

有其在本而求之於本.

有其在本而求之於標.

有其在標而求之於本.

故治有取標而得者.

有取本而得者.

有逆取而得者.

有從取而得者.

故知逆與從.正行無問.

知標本者.萬擧萬當.

不知標本.是謂妄行.

 標と本と従(順)と逆の組み合わせやね。標は木の枝葉で、本は幹。

枝だけでいい場合、元から治さなあかん場合、順番いろいろあるわね。

夫陰陽逆從.標本之爲道也.

小而大.言一而知百病之害.

少而多.淺而博.可以言一而知百也.

以淺而知深.察近而知遠.言標與本.易而勿及.

治反爲逆.治得爲從.

先病而後逆者.治其本.

先逆而後病者.治其本.

先寒而後生病者.治其本.

先病而後生寒者.治其本.

先熱而後生病者.治其本.

先熱而後生中滿者.治其標.

先病而後泄者.治其本.

先泄而後生他病者.治其本.

必且調之.乃治其他病.

先病而後先中滿者.治其標.

先中滿而後煩心者.治其本.

人有客氣.有同氣.

 一言で「道」を知れやね。大小、浅い深い、広い狭い、先と後、そして標と本。

 逆は戻せ!

ずらーっと先後のパターンで本を治せと、枝葉でええのは中満で病になったあとの中満は枝葉で、中満のあと心煩のやつは幹から治せと。

先後、逆従、時間、四時、季節にあってない、または反対の病は軽くない、重いと。

小大不利.治其標.

大利.治其本.

病發而有餘.本而標之.先治其本.後治其標.

病發而不足.標而本之.先治其標.後治其本.

 病で、浅くてわかりやすく大小便に問題があれば、まずそこを整えたらええんやと。大小便に異常がないのに病なのは深いでと。元を治さなと。

実、有余の病は幹から枝葉へ

虚、不足の病は枝葉から幹へ。

謹察間甚.以意調之.間者并行.甚者獨行.

先小大不利而後生病者.治其本.

 間と甚を見極めろと。大小便不利と病の両方のやつと、どっちか一つだけとでわける。

順番をみろと。大小便不利のあとで病生じるは枝葉でなく幹から治療。

夫病傳者.心病.先心痛.一日而欬.

三日脇支痛.五日閉塞不通.身痛體重.

三日不已死.冬夜半.夏日中.

病の伝達、心病は心痛から咳、脇の痛み、詰まって体全体痛く重く、三日たって、冬なら夜に、夏なら日中に死ぬでと。

 

肺病.喘欬.三日而脇支滿痛.

一日身重體痛.五日而脹.

十日不已死.

冬日入.夏日出.

肺病はかくかくしかじか、冬の日の入り、夏は日の出に死ぬでと。

 

肝病.頭目眩.脇支滿.三日體重身痛.

五日而脹.三日腰脊少腹痛.脛痠.

三日不已死.

冬日入.夏早食.

 痠は酸、痛。日の出ころの日食かな?

脾病.身痛體重.一日而脹.

二日少腹腰脊痛.脛痠.

三日背序筋痛.小便閉.

十日不已死.

冬人定.夏晏食.

晏は無雲、天清やから日中の時間帯の日食かな?人定は夜中

 

腎病.少腹腰脊痛.囲痠.三日背序筋痛.小便閉.

三日腹脹.

三日兩脇支痛.三日不已死.

冬大晨.夏晏晡.

 

序は説文で「東西牆也」牆は壁、たてにまっすぐかね。

三日して治らんかったら

冬の朝か夏のよく晴れた午後に死ぬ

 

 

胃病.脹滿.五日少腹腰脊痛.囲痠.

三日背序筋痛.小便閉.

五日身體重.

六日不已死.

冬夜半後.夏日昳.

胃、腹張って腰背中痛い、

だんだんすすんで六日で治らん

冬やったら夜、夏やったらゆうがた死ぬ

 

膀胱病.小便閉.五日少腹脹.腰脊痛.囲痠.

一日腹脹.

一日身體痛.

二日不已死.

冬雞鳴.夏下晡.

膀胱もしかり。臓腑の場所、空間と病の進行、予後、つまりいつ助かりいつ死ぬのかを予言者のように具体的にのべとるね。現代なら統計、確率を根拠にのべるわね。

 

諸病以次是相傳.如是者.皆有死期.不可刺.間一藏止.及至三四藏者.乃可刺也.

 

刺しても助からんやつと、その手前で治療したら治るやつ。