関西素問亭

君と宇宙とシンクロしたいんや。関西亭扁奈雀はんが鍼灸古典素問にブツブツゆうブログ。

四時刺逆從論篇第六十四

 

厥陰有餘.病陰痺.

不足.病生熱痺.

滑則病狐疝風.

濇則病少腹積氣.

厥陰。有余で冷えて痺れと不足で熱で痺れと。んー浮腫んで痺れと脱水で痺れとか。

 

 

少陰有餘.病皮痺隱軫.

不足.病肺痺.

滑則病肺風疝.濇則病積溲血.

 少陰の余り、皮の痺、車にひかれたように?

不足は肺の痺

 

太陰有餘.病肉痺寒中.

不足.病脾痺.

滑則病脾風疝.

濇則病積.心腹時滿.

 太陰の余りと不足。そしてそれに対応するかな?滑と濇。滑るとひっくりかえるわけで、厥、風。濇はしぶってひっかかる、引っかかるとものがたまって積もる。

陽明有餘.病脉痺身時熱.

不足.病心痺.

滑則病心風疝.

濇則病積.時善驚.

陽明は余りは脈の痺、痺は溼病、湿のよう。時に熱。湿熱やね。

不足は心の痺。んー土の湿と火の熱のイメージ

滑は風、風は八風、八は別れる、分離。

あふれたり、曲がったり。

濇は説文解字では不滑。

 

 

太陽有餘.病骨痺身重.

不足.病腎痺.

滑則病腎風疝.

濇則病積.善時巓疾.

太陽(少陰腎) の虚実と滑濇

疝は腹痛で滑とセットやから風がついて激しい下痢とか。

濇は不滑やから便秘とかつまって極めは腸捻転。善時巓疾、便秘はつまって上にあがりまんね、無理して血圧あがったり、めまい、ふらふらとか。

 

少陽有餘.病筋痺脇滿.

不足.病肝痺.

滑則病肝風疝.

濇則病積.時筋急目痛.

 少陽、肝の虚実、滑濇

 

是故

春氣在經脉.

夏氣在孫絡.

長夏氣在肌肉.

秋氣在皮膚.

冬氣在骨髓中.

 そのとおりやね。

帝曰.余願聞其故.

岐伯曰.

春者.天氣始開.地氣始泄.凍解冰釋.水行經通.故人氣在脉.

夏者.經滿氣溢.入孫絡受血.皮膚充實.

長夏者.經絡皆盛.内溢肌中.

秋者.天氣始收.腠理閉塞.皮膚引急.

冬者.蓋藏.血氣在中.内著骨髓.通於五藏.

 

是故邪氣者.常隨四時之氣血而入客也.至其變化.不可爲度.然必從其經氣.辟除其邪.除其邪則亂氣不生.

朝昼晩一日の循環にもあてはまる

 

帝曰.逆四時而生亂氣奈何.

岐伯曰.

春刺絡脉.血氣外溢.令人少氣.

春刺肌肉.血氣環逆.令人上氣.

春刺筋骨.血氣内著.令人腹脹.

夏刺經脉.血氣乃竭.令人解漁.

夏刺肌肉.血氣内却.令人善恐.

夏刺筋骨.血氣上逆.令人善怒.

秋刺經脉.血氣上逆.令人善忘.

秋刺絡脉.氣不外行.令人臥不欲動.

秋刺筋骨.血氣内散.令人寒慄.

冬刺經脉.血氣皆脱.令人目不明.

冬刺絡脉.内氣外泄.留爲大痺.

冬刺肌肉.陽氣竭絶.令人善忘.

 春の外いきすぎと、上いきすぎと内(腹)にいきすぎベクトル

夏の脈の血気が尽きそうになって食べまくるもしくは食べられない。

夏の筋で肝木の逆気と怒

秋のタテ経脈の逆気と収斂、倒れる

秋のヨコ絡脈の内にこもるのと寝て動きたくない。

秋の筋で血が散って寒い、貧血

冬のタテ経脈の血気尽きて目が暗い、死が近い?

 冬のヨコで漏れて痺

冬の肉で陽気がなくなって倒れる

 

凡此四時刺者.大逆之病.不可不從也.反之則生亂氣.相淫病焉.

故刺不知四時之經.病之所生.以從爲逆.正氣内亂.與精相薄.

必審九候.正氣不亂.精氣不轉.

帝曰善.

 地球の回転にあわせて鍼せーへんかったら病はどんどん逆にひどくなるでーと

かならず、九つまり全部チェックして正気を精を傷つけるなと。

刺五藏.

中心一日死.其動爲噫.

中肝五日死.其動爲語.

中肺三日死.其動爲欬.

中腎六日死.其動爲嚔欠.

中脾十日死.其動爲呑.

刺傷人五藏.必死.其動則依其藏之所變.候知其死也.

五臓のうち

心にあたったら一日でしまいや、噫は

飽出息也(説文解字注)

息がつらくなる

肝にあたったら5日や、しゃべりまくる?

肺は3日、咳嗽

腎は6日、くしゃみとあくび

脾は10日、オエーと吐く

どの蔵にあたったかわかるであてたら時間差はあるけど死ぬで。