関西素問亭

君と宇宙とシンクロしたいんや。関西亭扁奈雀はんが鍼灸古典素問にブツブツゆうブログ。

繆刺論篇第六十三

 

 黄帝問曰 余聞繆刺.未得其意.何謂繆刺.

岐伯對曰.

夫邪之客於形也.必先舍於皮毛.留而不去.入舍於孫脉.

留而不去.入舍於絡脉.

留而不去.入舍於經脉.内連五藏.散於腸胃.

陰陽倶感.五藏乃傷.此邪之從皮毛而入.極於五藏之次也.

如此則治其經焉.

今邪客於皮毛.入舍於孫絡.留而不去.

閉塞不通.不得入於經.流溢於大絡.而生奇病也.

夫邪客大絡者.左注右.右注左.上下左右.與經相干.而布於四末.

其氣無常處.不入於經兪.命曰繆刺.

 病のはいってくるルート、空間のはなし。右は左へ上へ下へは渦巻きやね。

帝曰.願聞繆刺.以左取右.以右取左.奈何.其與巨刺.何以別之.

岐伯曰.

邪客於經.左盛則右病.右盛則左病.

亦有移易者.左痛未已.而右脉先病.

如此者.必巨刺之.

必中其經.非絡脉也.

故絡病者.其痛與經脉繆處.故命曰繆刺.

 巨はものさしで、伏義伝説ですな。右と左という陰陽を上と下という陰陽にのせると回転してる竜巻が生まれまっせ。

ほんで繆は大麻草の葉の生え方で、本流の上下縦の龍が昇るイメージ、メルクリウスの螺旋、よこの絡でなく、縦をイメージした時の繆刺なんですな。

帝曰.願聞繆刺奈何.取之何如.

岐伯曰.

邪客於足少陰之絡.令人卒心痛暴脹.胸脇支滿.

無積者.刺然骨之前.出血.如食頃而已.

不已.左取右.右取左.

病新發者.取五日已.

 少陰はノドで、卒は死にそうにとか襟元あたりのことかな?然谷あたりの瀉血

食事を食べる時間ほどで治るでと

邪客於手少陽之絡.令人喉痺.舌卷口乾.心煩.臂外廉痛.手不及頭.

刺手中指次指爪甲上.去端如韭葉.各一痏.

壯者立已.老者有頃已.

左取右.右取左.

此新病.數日已.

手の少陽でノド痛、舌熱かな、手あがらんやつは、井穴つかえと。すぐなおるでと。クロス、巨刺やでと。

なんか、脳梗塞の匂いがしまんね。

 

邪客於足厥陰之絡.令人卒疝暴痛.

刺足大指爪甲上.與肉交者.各一痏.

男子立已.女子有頃已.

左取右.右取左.

 肝経やね。大とんのつぼ、男、女、右、左、麻、大麻草の葉のかたちはコンパスの円形を示唆しとるんやろね。ほんで、右左で回転運動。

邪客於足太陽之絡.令人頭項肩痛.

刺足小指爪甲上.與肉交者.各一痏.立已.

不已.刺外踝下三痏.

左取右.右取左.如食頃已.

太陽膀胱経ですな。

 

邪客於手陽明之絡.令人氣滿胸中.喘息而支胠.胸中熱.

刺手大指次指爪甲上.去端如韭葉.各一痏.

左取右.右取左.如食頃已.

大腸経。

 

 

邪客於臂掌之間.不可得屈.刺其踝後.

先以指按之.痛乃刺之.

以月死生爲數.

月生一日一痏.二日二痏.十五日十五痏.十六日十四痏.

 腕曲がらんやつ、さすって痛いところ、肘(かな?)の後ろ、刺せと。

月の満ち欠けの日数とこれ、刺す鍼の回数か、数のはなしちゃうかな?

 

邪客於足陽蹻之脉.令人目痛.從内眥始.

刺外踝之下半寸所.各二痏.

左刺右.右刺左.

如行十里頃而已.

 

目痛いやつ、足陽蹻之脉の申脈穴やね。目の晴明穴との関連。右左は回転渦巻きイメージやね。

 

人有所墮墜.惡血留内.腹中滿脹.不得前後.

先飮利藥.

此上傷厥陰之脉.下傷少陰之絡.刺足内踝之下.然骨之前血脉.出血.刺足跗上動脉.

不已.刺三毛上.各一痏.見血立已.

左刺右.右刺左.

善悲驚不樂.刺如右方.

  打撲の内出血かね、縦はケツイン肝経と静脈がかぶるね。よこは少陰腎で照海の瀉血、太衝と、あとあかんかったら大とん瀉血。右左とは「回転」を使えということ。つかってダイナミックに流せっちゅうことやろなー。悲、驚、内因は陰で右かな。

邪客於手陽明之絡.令人耳聾.時不聞音.

刺手大指次指爪甲上.去端如韭葉.各一痏.立聞.

不已.刺中指爪甲上.與肉交者.立聞.

其不時聞者.不可刺也.

 手陽明の絡、耳、時々聞こえないやつ、井穴つかえと。

 

耳中生風者.亦刺之如此數.

左刺右.右刺左.

 耳、難聴に大腸経の商陽の刺絡!

完全に聴力のない人は治らん。

風、聞こえたり聞こえなかったりは治るでと。

 

凡痺往來行無常處者.在分肉間痛而刺之.

以月死生爲數.用鍼者.隨氣盛衰.以爲痏數.鍼過其日數.則脱氣.不及日數.則氣不寫.

左刺右.右刺左.病已止.

不已.復刺之如法.

月生一日一痏.二日二痏.漸多之.

十五日十五痏.十六日十四痏.漸少之.

 シビレがとまらんやつ。痛いとこさせ

地球の自転、公転、月の満ち欠け気の盛衰をみながら鍼うてと。たらんのも、すぎるのもあかんジャストや!

邪客於足陽明之經.令人鼽衄.上齒寒.

刺足中指次指爪甲上.與肉交者.各一痏.

左刺右.右刺左.

 足陽明、鼻血、歯の寒。

上下縦の経絡先端から、端から、大きく右左のヨコのベクトルイメージやから

ダイナミックさが半端ない!

 

邪客於足少陽之絡.令人脇痛不得息.欬而汗出.

刺足小指次指爪甲上.與肉交者.各一痏.

不得息立已.汗出立止.

欬者温衣飮食.一日已.

左刺右.右刺左.病立已.

不已復刺如法.

少陽、脇、息しにくい、咳、汗。

邪客於足少陰之絡.令人嗌痛.不可内食.無故善怒.氣上走賁上.

刺足下中央之脉.各三痏.凡六刺.立已.

左刺右.右刺左.

腎経、ノド痛、食べられへん、易怒、気の上衝。

 

嗌中腫.不能内唾.時不能出唾者.刺然骨之前.出血立已.

左刺右.右刺左.

ノド腫れるやつ、つば痛くてのみこまれへんね。昔もいまも一緒。

然骨の刺絡と縦の経に対しての陰陽の右左。右上は左下に、左上は右下に邪気をひくんやな。ちなみに然谷の然の文字は説文解字では肰と火で犬の肉を焼く。

熱に関係するところ、動脈の拍動とか。

熱抜きなんやろね。

 

邪客於足太陰之絡.令人腰痛.引少腹控次.不可以仰息.

刺腰尻之解.兩胂之上.是腰兪.

以月死生爲痏數.

發鍼立已.

左刺右.右刺左.

脾経と腰痛。腰はまず少腹の引きつれが一番目やねんでー腹からなおすねんでーと。腿と臀のあたり刺せ!と。

肉、陰、月の満ち欠け、だいたい十五日周期のイメージで鍼の数調整しろと。つまり女性の生理がらみの腰痛が匂ってくるやん。

パチンと鍼してみー治るでと。

あとはまた回転イメージ。

 

邪客於足太陽之絡.令人拘攣背急.引脇而痛.

刺之從項始.數脊椎.侠脊疾按之.應手如痛.刺之傍三痏.立已.

 足太陽膀胱経、背中の痛み、脇に引かれるから、真ん中の侠脊上から下までの圧痛みろと。

邪客於足少陽之絡.令人留於樞中痛.髀不可擧.

刺樞中.以毫鍼.

寒則久留鍼.

以月死生爲數.立已.

 股関節の痛み、足の少陽、寒、置鍼

治諸經.刺之所過者.不病則繆刺之.

 繆刺しなはれ一網打尽や。

耳聾.刺手陽明.

不已.刺其通脉出耳前者.

耳聞こえへんなら手の陽明とれと、あかんかったら、耳の前刺せ!

 

 

齒齲.刺手陽明.

不已.刺其脉入齒中.立已.

歯は手の陽明で治せと。あかんかったら歯に入ってゆくところ狙え!

 

邪客於五藏之間.其病也.脉引而痛.時來時止.視其病.繆刺之於手足爪甲上.

視其脉.出其血.間日一刺.一刺不已.五刺已.

 繆刺、手足の井穴をしゃして、五臓の間の邪気を抜けと。

繆傳引上齒.齒脣寒痛.

視其手背脉血者去之.足陽明中指爪甲上一痏.手大指次指爪甲上各一痏.立已.

左取右.右取左.

足の陽明と手の陽明、手背みる、血色悪い、唇、歯ぐきとか。麻の葉っぱと手足の指と重なりマンネ。繆刺ちゅうのは

右から左、左から右のらせんイメージで井穴つかって邪を引くんちゃうかな。

 

邪客於手足少陰太陰足陽明之絡.此五絡皆會於耳中.

上絡左角.五絡倶竭.令人身脉皆動.而形無知也.其状若尸.或曰尸厥.

刺其足大指内側爪甲上.去端如韭葉.後刺足心.後刺足中指爪甲上.各一痏.後刺手大指内側.去端如韭葉.後刺手心主.少陰鋭骨之端.各一痏.立已.

不已.以竹管吹其兩耳.

鬄其左角之髮.方一寸.燔治.飮以美酒一杯.

不能飮者潅之.立已.

 少陰、太陰、陽明の絡、左耳?拍動あるが、死んでるみたいな患者、脾経、腎経、胃経の井穴。あかんかったら耳に竹のツツの笛?楽器の音をきかせなはれ。

左耳のまわり髪四角にそって焼き針と酒のませと。

凡刺之數.先視其經脉.切而從之.

審其虚實而調之.不調者.經刺之.

有痛而經不病者.繆刺之.

因視其皮部有血絡者.盡取之.此繆刺之數也.

よう虚実みて経、刺せと

経に問題ないのに痛みあるなら絡、繆刺しなはれと。