関西素問亭

君と宇宙とシンクロしたいんや。関西亭扁奈雀はんが鍼灸古典素問にブツブツゆうブログ。

水熱穴論篇第六十一

 

黄帝問曰.少陰何以主腎.腎何以主水.

岐伯對曰.

腎者至陰也.至陰者盛水也.

肺者太陰也.少陰者冬脉也.

故其本在腎.其末在肺.皆積水也.

水、本は 腎で末は肺

帝曰.腎何以能聚水而生病.

岐伯曰.

腎者胃之關也.關門不利.故聚水而從其類也.

上下溢於皮膚.故爲胕腫.胕腫者.聚水而生病也.

 あふれないように門を開いたり閉じたりの調整。

帝曰.諸水皆生於腎乎.

岐伯曰.

腎者牝藏也.地氣上者屬於腎.而生水液也.故曰至陰.

勇而勞甚.則腎汗出.腎汗出逢於風.内不得入於藏府.外不得越於皮膚.客於玄府.行於皮裏.傳爲胕腫.本之於腎.名曰風水.

所謂玄府者.汗空也

 水の行き場、汗として天へ、おしっことして内へ下へ。うまく流れないと浮腫み。

帝曰.水兪五十七處者.是何主也.

岐伯曰.

腎兪五十七穴.積陰之所聚也.水所從出入也.

 

尻上五行.行五者.此腎兪.故水病下爲胕腫大腹.上爲喘呼.不得臥者.標本倶病.故肺爲喘呼.腎爲水腫.肺爲逆不得臥.分爲相輸.倶受者.水氣之所留也.

伏菟上各二行.行五者.此腎之街也.三陰之所交結於脚也.

踝上各一行.行六者.此腎脉之下行也.名曰太衝.

凡五十七穴者.皆藏之陰絡.水之所客也.

足も腹も 浮腫んで、呼吸もくるしい。

現代で呼吸器つけて心臓の循環の管理せなあかんやつ。もういっぱいいっぱいな感じやね。水の病、つまり心ー腎、血圧の調整はつまり水の流れの調整やね。

帝曰.春取絡脉分肉.何也.

岐伯曰.春者木始治.肝氣始生.肝氣急.其風疾.經脉常深.其氣少.不能深入.故取絡脉分肉間.

 春は肝で、木やから。冬にむかう、内へ向かうのとちがって、外へ絡へ向かうからそのベクトルに音楽でいう調性やコードにあわせやーっちゅうことやね。

帝曰.夏取盛經分腠.何也.

岐伯曰.夏者火始治.心氣始長.脉痩氣弱.陽氣留溢.熱熏分腠.内至於經.故取盛經分腠.絶膚而病去者.邪居淺也.所謂盛經者.陽脉也.

夏は皮膚、陽経を狙えと。

 

 

帝曰.秋取經兪.何也.

岐伯曰.秋者金始治.肺將收殺.金將勝火.陽氣在合.陰氣初勝.濕氣及體.陰氣未盛.未能深入.故取兪以寫陰邪.取合以虚陽邪.陽氣始衰.故取於合.

ここでゆう兪とは?合とは?

 

帝曰.冬取井榮.何也.

岐伯曰.冬者水始治.腎方閉.陽氣衰少.陰氣堅盛.巨陽伏沈.陽脉乃去.故取井以下陰逆.取榮以實陽氣.

故曰.冬取井榮.春不鼽衄.此之謂也.

 冬に井榮をとって調整しろと。

帝曰.夫子言治熱病五十九兪.余論其意.未能領別其處.願聞其處.因聞其意.

岐伯曰.

頭上五行.行五者.以越諸陽之熱逆也.

大杼膺兪缺盆背兪.此八者.以寫胸中之熱也.

氣街三里巨虚上下廉.此八者.以寫胃中之熱也.

雲門髃骨委中髓空.此八者.以寫四支之熱也.

五藏兪傍五.此十者.以寫五藏之熱也.

凡此五十九穴者.皆熱之左右也.

 

帝曰.人傷於寒.而傳爲熱.何也.

岐伯曰.夫寒盛則生熱也.

胃の熱は三里上下巨虚、手足の熱は雲門髃骨委中髓空をつかえと。