関西素問亭

君と宇宙とシンクロしたいんや。関西亭扁奈雀はんが鍼灸古典素問にブツブツゆうブログ。

長刺節論篇第五十五

 

 

刺家不診.聽病者言.在頭.頭疾痛.爲藏鍼之.刺至骨.病已.上無傷骨肉及皮.皮者道也.

 頭、頭痛、陽のやつは蔵、骨、陰で治せかな?

陰刺入一.傍四處.治寒熱.

深專者.刺大藏.迫藏刺背.背兪也.

刺之迫藏.藏會.腹中寒熱去而止.

與刺之要.發鍼而淺出血.

 腹、陰から背中、陽に寒熱の邪をひくっちゅうことやね。

治腐腫者.刺腐上.視癰小大.深淺刺.

刺大者多血.小者深之.必端内鍼爲故止.

 

化膿した腫れ物の処置

病在少腹有積.刺皮〔骨+(循-行)〕.以下至少腹而止.

刺侠脊兩傍四椎間.刺兩髂髎.季脇肋間.導腹中氣.熱下已.

 少腹の塊、なんか囲む感じで鍼して下してまんね。

病在少腹.腹痛不得大小便.病名曰疝.得之寒.

刺少腹兩股間.刺腰髁骨間.刺而多之.盡炅病已.

大小便止まって腹痛は冷えてるから

はり数ふやして気を集めてぬくめるんかな?

 

病在筋.筋攣節痛.不可以行.名曰筋痺.

刺筋上爲故.刺分肉間.不可中骨也.病起.筋炅病已止.

 筋に病ありで痛いやつやね。分肉の間、骨にあてるなと。

病在肌膚.肌膚盡痛.名曰肌痺.傷於寒濕.

刺大分小分.多發鍼而深之.以熱爲故.

無傷筋骨.傷筋骨.癰發若變.

諸分盡熱.病已止.

 肌にある病、ほか筋骨は傷つけるなと。

病在骨.骨重不可擧.骨髓酸痛.寒氣至.名曰骨痺.

深者刺無傷脉肉爲故.其道大分小分.骨熱病已止.

 骨にある病、脈肉を傷つけるなと。

病在諸陽脉.且寒且熱.諸分且寒且熱.名曰狂.

刺之虚脉.視分盡熱.病已止.

病初發.歳一發不治.月一發不治.月四五發.名曰癲病.

刺諸分諸脉.其無寒者.以鍼調之.病止.

 陽脈の病、寒熱あれば名付けて狂。

虚してる経絡を治せば熱止んでなおる

長いこと治らんやつは名付けて癲

いろいろな経絡調整して、寒がとれたら治るでと。

病風.且寒且熱.炅汗出.一日數過.先刺諸分理絡脉.

汗出且寒且熱.三日一刺.百日而已.

 

病大風.骨節重.鬚眉墮.名曰大風.刺肌肉爲故.汗出百日.

刺骨髓.汗出百日.凡二百日.鬚眉生而止鍼.

 風の病、寒熱とめっちゃ汗でてて、一日すぎたくらいは、先にいくつか絡脈治療しときーと。三日たっとったら一つぐらいにへらして、三ヶ月くらいて治るでと。

大風はもう少し深くて腎のレベルやから髪の毛抜けてくるやつや。半年以上かかるでと。