関西素問亭

君と宇宙とシンクロしたいんや。関西亭扁奈雀はんが鍼灸古典素問にブツブツゆうブログ。

鍼解篇第五十四

スロークイック、スロー(笑)

芸事にはつきものやね。

あとは大宇宙と小宇宙のはなし。

 

黄帝問曰.願聞九鍼之解.虚實之道.

岐伯對曰.

刺虚則實之者.鍼下熱也.氣實乃熱也.

滿而泄之者.鍼下寒也.氣虚乃寒也.

菀陳則除之者.出惡血.出鍼勿按.

徐而疾則實者.徐出鍼而疾按之.

疾而徐則虚者.疾出鍼而徐按之.

言實與虚者.寒温氣多少也.

若無若有者.疾不可知也.病先後也.

爲虚與實者.工勿失其法.

若得若失者.離其法也.

虚實之要.九鍼最妙者.爲.

九鍼之名.各不同形者.鍼窮其所當補寫也.

 

あっためる鍼と冷やす鍼

余計なものを出す鍼

ゆっくり熱をからめていっきに抜く!

さっと刺してじっくりぬくめる。

あるようなないような、まだなんか、すんだんか、わかりにくいかもしれんけど

虚実の方法は知っとかなあかんでぇ〜と。

九鍼は究極の鍼や。そのときその場の流れ動く気の動き(虚実の妙)をよみながら鍼するんやで。

 

刺實須其虚者.留鍼陰氣隆至.乃去鍼也.

刺虚須其實者.陽氣隆至.鍼下熱.乃去鍼也.

經氣已至.愼守勿失者.勿變更也.

深淺在志者.知病之内外也.

近遠如一者.深淺其候等也.

如臨深淵者.不敢墮也.

手如握虎者.欲其壯也.

神無營於衆物者.靜志觀病人無左右視也.

義無邪下者.欲端以正也.

必正其神者.欲瞻病人目.制其神.令氣易行也.

所謂三里者.下膝三寸也.

所謂跗之者.擧膝分易見也.

巨虚者.蹻足囲獨陷者.

下廉者.陷下者也.

 スカスカには充実させる鍼を

カチカチには動きを出す鍼を。

気がうまくながれたら余計なことはしなはんな。

深さとか浅さがわかれば病位がわかるで

どの経絡からはじまってどこまでか、範囲がわかれば、深さもいっしょにかんがえるんや。

そやけどあんまり深入りしすぎたら失敗するで

でっかい気持ちと繊細な慎重な気持ちが大事や。

精神活動がはっきりせず混濁してたら、

慌てるな、キョロキョロするな、心を静めて患者をみなはれ。

何かが間違ってるから邪にやられてはる人には正しさで間違いをなおしたい。

患者の目をよくみるんやで 「神」を正すんや、ほならうまくいくで。

膝の下三寸、三里と上巨虚、下巨虚の

三つのつぼ。かけたら九。九は九鍼で究極につながるんや。

 

帝曰.余聞九鍼.上應天地四時陰陽.願聞其方.令可傳於後世.以爲常也.

岐伯曰.

夫一天.二地.三人.四時.五音.六律.七星.八風.九野.

身形亦應之.鍼各有所宜.故曰九鍼.

 

人皮應天.人肉應地.人脉應人.人筋應時.人聲應音.人陰陽合氣應律.人齒面目應星.人出入氣應風.人九竅三百六十五絡應野.

故一鍼皮.二鍼肉.三鍼脉.四鍼筋.五鍼骨.六鍼調陰陽.七鍼益精.八鍼除風.九鍼通九竅.除三百六十五節氣.此之謂各有所主也.

 

人心意應八風.人氣應天.人髮齒耳目五聲.應五音六律.人陰陽脉血氣應地.人肝目應之九.

 九と言う数字と森羅万象大宇宙と人間とからめてのはなしやね。

一からはじまって九でまた一へ

太陽の黄道一周と365日

循環してるマクロコスモスとミクロコスモス。

(同時代、ギリシャ哲学のプラトンイデア論との比較が気になりまんなー余談やけど)

九竅三百六十五.人一以觀動靜.天二以候五色.七星應之以候髮毋澤.五音一以候宮商角徴羽.六律有餘不足應之.二地一以候高下有餘.九野一節兪應之以候閉.節.三人變一分人候齒泄多血少.十分角之變.五分以候緩急.六分不足.三分寒關節.第九分四時人寒温燥濕.四時一應之以候相反一.四方各作解.

 数字いっぱいやね。