関西素問亭

君と宇宙とシンクロしたいんや。関西亭扁奈雀はんが鍼灸古典素問にブツブツゆうブログ。

刺志論篇第五十三

おかしいなー虚実あってへんなーは病やで。

 

黄帝問曰.願聞虚實之要.

岐伯對曰.

氣實形實.氣虚形虚.此其常也.反此者病.

穀盛氣盛.穀虚氣虚.此其常也.反此者病.

脉實血實.脉虚血虚.此其常也.反此者病.

 

帝曰.如何而反.

岐伯曰.

氣虚身熱.此謂反也.

穀入多而氣少.此謂反也.

穀不入而氣多.此謂反也.

脉盛血少.此謂反也.

脉少血多.此謂反也.

 

氣盛身寒.得之傷寒.

氣虚身熱.得之傷暑.

穀入多而氣少者.得之有所脱血.濕居下也.

穀入少而氣多者.邪在胃及與肺也.

脉小血多者.飮中熱也.

脉大血少者.脉有風氣.水漿不入.此之謂也.

 

夫實者氣入也.虚者氣出也.

氣實者熱也.氣虚者寒也.

入實者.左手開鍼空也

入虚者.左手閉鍼空也

 昔、産後の奥さんに鍼したとき。

気を漏らしてしまったんやね。急に寒い寒いと震えだしてたいへんな失敗。

入虚者、左の押し手閉じるやね。