関西素問亭

君と宇宙とシンクロしたいんや。関西亭扁奈雀はんが鍼灸古典素問にブツブツゆうブログ。

脉解篇第四十九

 やっぱり季節(地球の自転、公転)と場所、空間のシンクロ

太陽所謂腫腰脽痛者.正月太陽寅.寅太陽也.正月陽氣出在上.而陰氣盛.陽未得自次也.故腫腰脽痛也.

病偏虚爲跛者.正月陽氣凍解地氣而出也.所謂偏虚者.冬寒頗有不足者.故偏虚爲跛也.

所謂強上引背者.陽氣大上而爭.故強上也.

所謂耳鳴者.陽氣萬物盛上而躍.故耳鳴也.

所謂甚則狂巓疾者.陽盡在上.而陰氣從下.下虚上實.故狂巓疾也.所謂浮爲聾者.皆在氣也.

所謂入中爲瘖者.陽盛已衰.故爲瘖也.

内奪而厥.則爲瘖俳.此腎虚也.

 

少陰不至者.厥也.

 氷が溶け出す時期。雨水、二月中頃、水の流れがかわるね。

腰が腫れ痛みだす。

春分秋分とちがって陰陽が随分はずれる時期やから、左右のズレる病、脳卒中みたいに半身麻痺で跛行

冬は腎で陽気が出だす時期やから太陽経で、背中の引きつり。

ん〜詩をよんどるようやね。

腎で太陽経で耳鳴り、耳きこえへんやつ、頭のおかしくなるやつ、喉にきて声でーへんやつ。

この時期の腎と太陽経のはなし。

 

少陽所謂心脇痛者.言少陽盛也.盛者心之所表也.九月陽氣盡.而陰氣盛.故心脇痛也.

所謂不可反側者.陰氣藏物也.物藏則不動.故不可反側也.

所謂甚則躍者.九月萬物盡衰.草木畢落而墮.則氣去陽而之陰.氣盛而陽之下長.故謂躍.

 境界線のあたりはどっちにも落ち着かず

迷ってまうね。少陽は境界線で、心のよこ脇あたりで

夏(心)と冬の間で迷ってはるのね。

バランスをとってはりますから、

いきすぎると寝返り、右や左、できまへんな。落ち着かず、「躍」飛んだり跳ねたりしてまうね。

陽明所謂洒洒振寒者.陽明者午也.五月盛陽之陰也.陽盛而陰氣加之.故洒洒振寒也.

所謂脛腫而股不收者.是五月盛陽之陰也.陽者衰於五月.而一陰氣上.與陽始爭.

故脛腫而股不收也.

所謂上喘而爲水者.陰氣下而復上.上則邪客於藏府間.故爲水也.

所謂胸痛少氣者.水氣在藏府也.水者陰氣也.陰氣在中.故胸痛少氣也.

所謂甚則厥.惡人與火.聞木音則惕然而驚者.陽氣與陰氣相薄.水火相惡.故惕然而驚也.

所謂欲獨閉戸牖而處者.陰陽相薄也.陽盡而陰盛.故欲獨閉戸牖而居.

所謂病至則欲乘高而歌.棄衣而走者.陰陽復爭.而外并於陽.故使之棄衣而走也.

所謂客孫脉.則頭痛鼻鼽腹腫者.陽明并於上.上者則其孫絡太陰也.故頭痛鼻鼽腹腫也.

 夏至の頃と陽明のはなしで、水をかぶったように寒さに震える、足の脛めっちゃむくんで股閉じられへん、呼吸が苦しい、胸の苦しい。水のせいやと。

陽明は火やから水とぶつかるっちゅうことかな。

人と火と木の音はあかん、引きこもり。

逆に服脱いで外出て高いところ登ってうたう。

陽明やから頭痛、鼻血、太陰が絡むから腹も腫れる

太陰所謂病脹者.太陰子也.十一月萬物氣皆藏於中.故曰病脹.

所謂上走心爲噫者.陰盛而上走於陽明.陽明絡屬心.故曰上走心爲噫也.

所謂食則嘔者.物盛滿而上溢.故嘔也.

所謂得後與氣.則快然如衰者.十二月陰氣下衰.而陽氣且出.故曰得後與氣.則快然如衰也.

 冬至あたり、冬眠の時期やから中に中にこもって腫れますな。血圧あがりますな。

「噫」は説文解字では「飽食息也」。中がいっぱいなんですわ。溢れてくるんです。太陰脾経は少陰心経にいきますから上に外に陽明や心に波及しますわね。

つぎの月には陽気が出てきて外に出せるようになるとましなるでと。

少陰所謂腰痛者.少陰者腎也.十月萬物陽氣皆傷.故腰痛也.

所謂嘔欬上氣喘者.陰氣在下.陽氣在上.諸陽氣浮.無所依從.故嘔欬上氣喘也.

所謂色色不能久立久坐.起則目硯硯無所見者.萬物陰陽不定.未有主也.秋氣始至.微霜始下.而方殺萬物.陰陽内奪.故目硯硯無所見也.

所謂少氣善怒者.陽氣不治.陽氣不治.則陽氣不得出.肝氣當治而未得.故善怒.善怒者.名曰煎厥.

所謂恐如人將捕之者.秋氣萬物未有畢去.陰氣少.陽氣入.陰陽相薄.故恐也.

所謂惡聞食臭者.胃無氣.故惡聞食臭也.

所謂面黒如地色者.秋氣内奪.故變於色也.

所謂欬則有血者.陽脉傷也.陽氣未盛於上.而脉滿.滿則欬.故血見於鼻也.

 立冬のあとの小雪ぐらい、霜のおりはじめ。少陰腎と腰痛ではじめながら、陽気が浮いてくるはなし。んーなんか不安定で頼りない感じをいいたいんやろな。太陽が遠ざかって、この冬へ向かう秋の時期の光の加減や温度やだんだん暗くなりながら寒くなってゆく、殺されて、奪われてやからね。

秋の肺の収斂に抑えられる木気の肝

金克木でよく怒り

 だんだん少しずつ捕らわれてゆくような恐怖。

食べる音と匂いがあかん。当時の秋ブルー、憂鬱かな。まあ、陰気がふえて胃の陽気がやられるともいえるね。

陽気の代名詞の面が黒く暗くなる。そらそやね。

咳して出血と鼻血はこの時期の不安定さでの逆気でええね。

 

厥陰所謂易疝.婦人少腹腫者.欬.三月陽中之陰.邪在中.故曰易疝少腹腫也.

所謂腰脊痛不可以俛仰者.三月一振榮華.萬物一俛而不仰也.

所謂易癃疝膚脹者.曰陰亦盛.而脉脹不通.故曰易癃疝也.

所謂甚則嗌乾熱中者.陰陽相薄而熱.故嗌乾也.

 立夏の手前の穀雨のころ。厥陰肝で、肝経で少腹で疝痛やね。五行で木から火のところ。腹と腰があかんので仰向きもうつ伏せもあかん。いったん陽、仰向きになったりまた陰、うつ伏せになったり不安定。

どっちかに偏ると、

陰気が強いと小便出ない、腹痛、皮膚の腫れ。

陽気が強いと熱病。