関西素問亭

君と宇宙とシンクロしたいんや。関西亭扁奈雀はんが鍼灸古典素問にブツブツゆうブログ。

奇病論篇第四十七

奇病は季節、四時の病とはちゃうやつやね。

 

黄帝問曰.人有重身九月而瘖.此爲何也.

岐伯對曰.胞之絡脉絶也.

 

帝曰.何以言之.

岐伯曰.胞絡者.繋於腎.少陰之脉.貫腎繋舌本.故不能言.

 

帝曰.治之奈何.

岐伯曰.

無治也.當十月復.刺法曰.無損不足.益有餘.以成其疹.

然後調之.所謂無損不足者.身羸痩.無用鑱石也.

無益其有餘者.腹中有形而泄之.泄之則精出.而病獨擅中.故曰疹成也.

 

 妊娠九ヶ月目に声でーへんようなるけど、

心配せんでええで、十月たったら治るから。

(のど、任脈、絡絶、胎児とそろそろ別れる兆候?)

 

帝曰.病脇下滿氣逆.二三歳不已.是爲何病.

岐伯曰.

病名曰息積.

此不妨於食.不可灸刺.積爲導引.服藥.藥不能獨治也.

 季節と関係なく、二、三年治れへん脇下満の病。食べてもええけど漢方飲んで運動(導引)しーやーと。脇から肩の四十肩とかぽいね。はりきゅうより体操かええで。

帝曰.人有身體髀股囲皆腫環齊而痛.是爲何病.

岐伯曰.

病名曰伏梁.

此風根也.其氣溢於大腸.而著於肓.肓之原在齊下.故環齊而痛也.

不可動之.動之爲水溺濇之病也.

 臍は北極星やからね。四時季節の病から外れるね。

帝曰.人有尺脉數甚.筋急而見.此爲何病.

岐伯曰.此所謂疹筋.是人腹必急.白色黒色見.則病甚.

 筋の病

帝曰.人有病頭痛.以數歳不已.此安得之.名爲何病.

岐伯曰.當有所犯大寒.内至骨髓.髓者以腦爲主.腦逆.故令頭痛.齒亦痛.病名曰厥逆.

帝曰善.

 頭痛、歯痛

帝曰.有病口甘者.病名爲何.何以得之.

岐伯曰.

此五氣之溢也.名曰脾癉.

夫五味入口.藏於胃.脾爲之行其精氣.津液在脾.故令人口甘也.

此肥美之所發也.此人必數食甘美而多肥也.肥者令人内熱.甘者令人中滿.故其氣上溢.轉爲消渇.

治之以蘭.除陳氣也.

 

帝曰.有病口苦.取陽陵泉.口苦者.病名爲何.何以得之.

岐伯曰.

病名曰膽癉.

夫肝者中之將也.取決於膽.咽爲之使.

此人者.數謀慮不決.故膽虚.氣上溢.而口爲之苦.

治之以膽募兪.治在陰陽十二官相使中.

 これも季節と関係なく

口の中が甘いんは美食家の脾の病んー糖尿とか、苦いのは熱やね。決断できない、迷い、肝胆、精神的な熱、鬱病とか

 

帝曰.

有癃者.一日數十溲.此不足也.

身熱如炭.頸膺如格.人迎躁盛.喘息氣逆.此有餘也.

太陰脉微細如髮者.此不足也.其病安在.名爲何病.

岐伯曰.病在太陰.其盛在胃.頗在肺.病名曰厥.死不治.此所謂得五有餘.二不足也.

 小便でーへんのになんかいもいくやつ。コレ不足

熱で頸の人迎の拍動バクバク、胸の呼吸ハァハァ、ばらばらになりそうなやつ。

コレ有余 

髪の毛みたいに細い太陰の脈、コレ不足

脾胃と肺が悪い

治らへん。死ぬで。

帝曰.何謂五有餘二不足.

岐伯曰.

所謂五有餘者.五病之氣有餘也.二不足者.亦病氣之不足也.

今外得五有餘.内得二不足.此其身不表不裏.亦正死明矣.

さっきの熱のやつは外で余り、小便でーへんやつと脈細いやつは内で不足。

 余り五の不足ニ、この七つ条件そろったら絶対助からん。

帝曰.人生而有病巓疾者.病名曰何.安所得之.

岐伯曰.

病名爲胎病.

此得之在母腹中時.其毋有所大驚.氣上而不下.精氣并居.故令子發爲巓疾也.

 妊婦さんめっちゃ驚いたら、胎児に影響するでぇー

帝曰.有病痝然如有水状.切其脉大緊.身無痛者.形不痩.不能食.食少.名爲何病.

岐伯曰.病生在腎.名爲腎風.腎風而不能食.善驚.驚已心氣痿者死.

帝曰善.

 

浮腫むし、あんまりたべられへんけど、痩せへん、脈緊、痛みなしのやつ。

あかんで、腎が悪い。パニックなって予後悪いで。