関西素問亭

君と宇宙とシンクロしたいんや。関西亭扁奈雀はんが鍼灸古典素問にブツブツゆうブログ。

厥論篇第四十五

厥のはなし。寒でも熱でも、なんでも逆は病やね。

 

黄帝問曰.厥之寒熱者.何也.

岐伯對曰.陽氣衰於下.則爲寒厥.陰氣衰於下.則爲熱厥.

 

厥を寒熱にわけまっせ。

 

 

帝曰.熱厥之爲熱也.必起於足下者.何也.

岐伯曰.陽氣起於足五指之表.陰脉者.集於足下.而聚於足心.故陽氣勝.則足下熱也.

 

熱は上やそやけど足の下のやつ

足裏のほてるやつ。

 


帝曰.寒厥之爲寒也.必從五指而上於膝者.何也.

岐伯曰.陰氣起於五指之裏.集於膝下.而聚於膝上.故陰氣勝.則從五指至膝上寒.其寒也不從外.皆從内也.

 

寒はふつう下やそやけど上にでるやつ

膝上の太股冷えるやつや。

ほんで、寒は陰やから外ちゃうで

中からきてるで

 


帝曰.寒厥何失而然也.

岐伯曰.

前陰者.宗筋之所聚.太陰陽明之所合也.

春夏則陽氣多而陰氣少.

秋冬則陰氣盛而陽氣衰.

此人者質壯.以秋冬奪於所用.下氣上爭.不能復.精氣溢下.邪氣因從之而上也.

氣因於中.陽氣衰.不能滲營其經絡.陽氣日損.陰氣獨在.故手足爲之寒也.

 

なんで寒厥になるねん?

秋から冬はな、陰で下で腹で生殖器のとこに集まるから、元気なやつは房事がすぎよる。

寒がこもって手足も冷える。

 

 


帝曰.熱厥何如而然也.

岐伯曰.

酒入於胃.則絡脉滿而經脉虚.

脾主爲胃行其津液者也.陰氣虚則陽氣入.陽氣入則胃不和.胃不和則精氣竭.精氣竭則不營其四支也.

此人必數醉若飽.以入房.氣聚於脾中.不得散.酒氣與穀氣相薄.熱盛於中.故熱徧於身.内熱而溺赤也.

夫酒氣盛而慓悍.腎氣有衰.陽氣獨勝.故手足爲之熱也.

 なんで熱厥になるねん?

酒が胃にはいったら陰気、水がとんでまうんや。さらに交わってもらすとつぎは熱こもるで。赤い小便がでよる。手足もほてる。

ちなみに液体、酒は熱の液体で精は精髄の液体とのはなしかね。

 

 

 

 

 

帝曰.厥或令人腹滿.或令人暴不知人.或至半日.遠至一日.乃知人者.何也.

岐伯曰.

陰氣盛於上.則下虚.下虚則腹脹滿.

陽氣盛於上.則下氣重上.而邪氣逆.逆則陽氣亂.陽氣亂則不知人也.

 腹が張ったり、きゅうに意識がなくなって倒れたりなんでや?

陰気が厥すると腹が張るし

陽気が厥して、乱れるとぶっ倒れたるで。

 

あとは六経の厥の病症やね。

 

帝曰善.願聞六經脉之厥状病能也.

岐伯曰.

巨陽之厥.則腫首頭重.足不能行.發爲眴仆.

陽明之厥.則癲疾欲走呼.腹滿不得臥.面赤而熱.妄見而妄言.

少陽之厥.則暴聾頬腫而熱.脇痛.囲不可以運.

太陰之厥.則腹滿昔脹.後不利.不欲食.食則嘔.不得臥.

少陰之厥.則口乾溺赤.腹滿心痛.

厥陰之厥.則少腹腫痛.腹脹.涇溲不利.好臥屈膝.陰縮腫.囲内熱.

盛則寫之.虚則補之.不盛不虚.以經取之.

 

太陰厥逆.囲急攣.心痛引腹.治主病者.

少陰厥逆.虚滿嘔變.下泄清.治主病者.

厥陰厥逆.攣腰痛虚滿.前閉譫言.治主病者.

三陰倶逆.不得前後.使人手足寒.三日死.

 

太陽厥逆.僵仆嘔血善衄.治主病者.

少陽厥逆.機關不利.機關不利者.腰不可以行.項不可以顧.發腸癰.不可治.驚者死.

陽明厥逆.喘欬身熱.善驚.衄嘔血.

 

手太陰厥逆.虚滿而欬.善嘔沫.治主病者.

手心主少陰厥逆.心痛引喉.身熱.死不可治.

手太陽厥逆.耳聾泣出.項不可以顧.腰不可以俛仰.治主病者.

手陽明少陽厥逆.發喉痺嗌腫痓.治主病者.